アラスカで見つかったクジラの死体、新種と判明

2014年にアラスカの島の漂着したクジラの死体が新種だったことが、7月26日発売の科学誌「Marine Mammal Science」で発表された。
2014年6月、体長7.3メートルの謎の死体がセントジョージ島に上がった。研究者は「ツチクジラ」だと思ったという。
しかし色や背びれの大きさ、体の大きさなどがツチクジラと異なっていた。
調査を続けた結果、全くの新種であると判明。さらに日本でも見つかっており、漁師たちは「カラス」と呼んでいることも分かった。
米海洋大気局(NOAA)南西水産科学センターの分子遺伝学者のフィリップ・モリン氏は、生息地や生態が不明で、解明を進めていると話す。
論文の共著者で、NOAA国立海洋哺乳類研究所のポール・ウェード氏は、一大事で地上でも大型哺乳類の新種発見は極めてまれで、大きな注目に値するとコメント。
遺体と、博物館に保管されていた標本の骨の粉末、似た種とされるクジラのDNA検査、日本の捕鯨船による記録などから調査を進めていった。結果現存するクジラのどの種とも違う新種であったことが判明。
「2016年になっても、6メートルを超えるような哺乳類にまだ新種が見つかると思うと、とても興奮します」とモリン氏。
絶滅していく生物種もいる中での大型の新種の発見に、海洋生物学界は湧いている。深く広い海には、まだ見つかっていない生物が多く住んでいるのだろう。