「ABCマート」違法残業で罰金

従業員に違法な長時間労働をさせたとして、東京区検は2日、労働基準法違反の罪で全国展開する靴の販売店「ABCマート」の運営会社「エービーシー・マート」を略式起訴したと発表した。略式起訴は1月14日付とのこと。東京簡裁は2月16日、罰金50万円の略式命令を出し、同社はすでに納付したそうだ。
東京労働局の過重労働撲滅特別対策班は昨年7月、同社のほか、取締役、「Grand Stage池袋店」店長、「ABC-MART原宿店」店長の3人を書類送検。東京地検は1月14日、事実を認め反省している点や時間外労働削減に向け相応の努力をしていた事などを考慮し、起訴猶予にしていたとのこと。
起訴状によると、同社は平成26年4~5月の約1か月間、両店舗で働く従業員計2人ずつに対し、労基法で定められた上限を超える違法な時間外労働をさせたとしているという。4人の時間外労働は計約243時間に及んだそうだ。
こうした取り締まりをもっと徹底して、長時間労働を強いるブラック企業を摘発してくれればいいのだが。