デビッド・ボウイ遺作アルバム、在庫切れ相次ぐ

がんのため、1月10日に69歳で亡くなった世界的ロック歌手のデビッド・ボウイさんの訃報から一夜明けた1月12日。
出生地のイギリス・ロンドンをはじめ、世界各地で熱心なファンが彼の死を悼んだ。
日本では、遺作となった1月8日発売のアルバム「ブラックスター」の売り上げが急増し、小売店で品切れが続出した。
追加の注文が相次いだため、レコード会社の在庫が底をつき、追加生産に追われているとのこと。
音楽界だけでなく、幅広いカルチャーに影響を与えたロックのカリスマを世界が惜しんだ。
ニューヨークのマンハッタンの自宅マンション前には、ボウイさんの写真、ろうそくが花束やブーケとともに並んでいる。