マツエクセルフ方式出回る

まつげに接着剤で人工毛を取り付ける「まつげエクステ」をめぐり、客に有料で指導して自分で付けさせる「セルフ方式」が出回り始めているそうだ。まつげエクステは健康被害が後を絶たず、施術には美容師免許が必要な行為。無免許業者の摘発が全国で相次いだため、美容師法の規制が及ばないセルフ方式が抜け道となっている可能性があるという。セルフ方式による健康被害の報告はまだないそうだが、国民生活センターは「重大事故につながる恐れがある。免許があり、熟練した技術を持つ専門店で施術を受けるべきだ」と注意を促している。
「コストパフォーマンスがよく両目で数百円」「美容師免許は必要ありません」などの宣伝文句を謳っているセルフ方式。まつげエクステをめぐっては、刺激の強い接着剤等による健康被害が相次ぐ。全国の消費生活センターには「施術後に目が腫れた」「涙が止まらない」などの相談が寄せられ、厚生労働省は2008年、美容師免許を義務付ける通達を出した。その後も健康被害は絶えず、国民生活センターによるよ2010~2014年度で計599件に上るという。国民生活センターのアンケートでは、利用者の4分の1が施術後の目に痛みやかぶれを経験していたとのこと。
この間、免許のないエステ店やネイルサロンでの施術が横行。全国の警察は経営者を美容師法違反容疑で逮捕するなど、10~14年に計約40件を検挙した。このため無免許営業は減ったそうだが、代わってここ数年で広まったのがセルフ式。インターネットなどで集めた客に接着剤やピンセットの扱いを指導し、相場は2~3時間で1万数千円。一度受講すると以降は人工毛などの消耗品の費用だけで済むとのこと。毎回数千~1万円が必要な専門店より安価で人気があるという。
美容師法の適用は客への施術に限られ、セルフ方式はグレーゾーン。日本眼科医会副会長の話によると、まつげエクステは通常は目を閉じて付けるが、セルフ方式では目を開けた状態で行うため、接着剤で各膜炎をおこしたりピンセットで目を傷つけたりするリスクが高い。視力低下の恐れもあり、極めて危険だという。重要な施術前のカウンセリングもできない。健康被害が起きても、指導した店は「自己責任」と主張するため被害者が泣き寝入りしかねない。セルフの方が費用も抑えられて手軽だと手を伸ばしてしまいたくなるかもしれないが、危険性を知って思いとどまってほしいものだ。

高層マンションで火事と勘違い、炎の正体は雪

札幌市西区、JR琴似駅前の40階建てのマンション「ザ・サッポロタワー琴似」で、近隣住民から「40階付近で炎と煙が見える」と通報があり、消防車両15台が出動した。ところが、どこにも炎はあがっていなかったという。このマンションの屋上には赤く光る照明が設置されており、風で飛ばされた雪が照らされ、炎と煙に見えたのだそうだ。通報を受けた札幌市消防局は「めったにない通報」と話したという。現場は駅前で、辺りには飲食店やマンションが多く、一時騒然となった。
今回は何事もなく終わって一安心だが、乾燥するこの季節は火事が増える。火元の管理はしっかりとしたいものだ。