妊婦の飲酒、一切ダメ

米小児科学会がこのほど発表した報告書で、妊婦に対して「アルコールは一切飲んではいけない。たとえ少量であっても絶対にダメ」と呼びかけた。
報告書では、飲酒は妊娠中のどの段階においても安全とみなすことはできないと強調。生まれながらの障害や生後の認知問題の筆頭原因としてアルコールを挙げ、飲酒しなければこうした障害は予防できるとした。
米国以外でもほぼすべての国が、妊婦に飲酒を慎むよう呼びかけている。例外として英国とイタリアでは飲酒はよくないとしながらも、もし飲む場合は週1~2回、1杯程度にとどめるよう勧告している。
米疾病対策センター(CDC)が2011~2013年に実施した調査では、妊娠中の女性の10人中1人は過去30日以内にアルコールを飲んだことがあると回答。大量に飲んだという妊婦は33人中1人の割合だった。
小児科学会では、妊婦が1日に1杯飲んだだけでも生まれてくる子どもの発達障害の危険が高まると指摘。聴覚や視覚、心臓、骨、腎臓などに問題が生じる可能性があるほか、情報処理能力などの問題や注意欠陥多動性障害(ADHD)の原因にもなるとしている。
妊娠3か月までに飲酒した女性の子どもにそうした疾患や障害が生じる可能性は、飲酒しなかった女性の子どもに比べて12倍、妊娠6か月目までは61倍、9か月の妊娠期間を通じて飲酒した場合は65倍に高まる。一部には適度な量の飲酒にとどめれば認知問題や行動問題にはつながらないという研究報告もあるが、専門家は、たとえそうした研究が正しかったとしてもアルコールに対する反応には個人差があり、一切飲まないに越したことはないとアドバイスをしている。少しくらいなら…という人もいるかもしれないが、念のため飲まない方が安心だろう。