アメリカ、難民受け入れ5千人拡大へ

アメリカは、来年以降の難民受け入れの枠を少なくとも5000人拡大し、年間7万5000人とする方向で調整に入ったことを発表した。ただ、議会関係者によると、5000人の増加幅は少なすぎるとしており、さらに拡大する可能性もあるとのこと。
ケリー国務長官は記者団に対して、アメリカ政府は内戦を逃れたシリア難民の一段の受け入れに、コミットしていると表明をした。
電話で会見をしたケリー国務省高官によると、アメリカは過去3年間、年間7万人の難民を受け入れている。
来年は「小幅な拡大」を計画しているとのこと。
複数の政府筋は、ケリー長官が議員らに、5000人の受け入れ枠拡大を計画中であると述べたことを確認。
ただ、議会関係者によると、政府筋は増加幅を大幅に拡大する可能性を示唆していたという。
匿名の議会筋は、アメリカ政府は5000人の増加では少なすぎると認識するのではないかと述べている。