ビールでもペットボトル

三菱樹脂は18日、同社製ペットボトルがキリンビールの宅配サービスのビール容器に採用されたと発表した。アルコール飲料にペットボトルを使う動きはワインなどで進んでいるが、ビールでは珍しいという。
採用されたのはキリンビールの会員制宅配サービス「キリンブルワリーオーナーズクラブ」で宅配する1リットルのビール容器だ。ペットボトルの内部に炭素膜を蒸着させ、酸素や炭酸ガスを通しにくくしたとのこと。
三菱樹脂は「個性が売りのクラフトビールなどの容器としても需要を開拓していきたい」としているそうだ。
ビールの容器にペットボトルを採用する構想はかなり前からあったそうだが、炭酸ガスが抜けてしまい味や風味が損なわれるといったことから実現しないままでいた。
今回三菱樹脂のペットボトル容器が採用されることになったことで、 瓶ビールよりも軽くて運びやすいペットボトル入りのビールが今後増えていくのかもしれない。